2021年04月21日

ミモザに会いたい

夜になるとミモちゃんに会いたくてずっと泣いているよ。
日が経つにつれ悲しみと寂しさが酷くなっていく。

Uber eatsで頼んだ品に紙ナプキンが入っていてそこに

Smile brings happiness

て書いてあって、それを見たら涙がボタボタ
流れ落ちたんだ。

私の笑顔の全てはミモザがくれたものだったから。

I can't smile without you.
It's the end of the world.

まるでカーペンターズの歌みたいだけど
今、カァチャン、そういう気持ちなんだよ、ミモちゃん。




posted by caleta at 11:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月07日

ミモザの誕生日・・・🌻

ミモザのお話、連投中です。ご容赦ください。

4月7日はミモザのお誕生日でした。

あと12日生きていれば、ミモザは8歳のお誕生日を迎えるはずでした。

カァチャンがミモザのお誕生日を祝う為に早めに注文していた
8の数字のバースデーキャンドルとか、
お誕生会でミモザに冠せてあげるつもりだった銀のティアラとか、
お誕生日グッズが、今更のようにいろいろ届いたのでした。

なかでも

お誕生日に向けて日付指定で注文していたお花が
お昼頃に届いた時、さすがに悲しくて涙が溢れました。。

本当は記念にお花と一緒に写真を撮ってあげたかったのです。


それで‥‥喪中ではありますが


それらを祭壇に飾ってやりました。

生きているうちに撮影することは叶わなかったけれど‥‥

008C40C0-D84D-44B7-8C2F-012A7969F31A.jpeg

937AF66E-33EC-46BD-9923-E1CB570128C3.jpeg
1FF70DCA-A96F-4695-87A9-F8A97DA6C648.jpeg

ミモザバスケットにバースデーキャンドルを飾りました。
9214B60C-B2B5-4FAF-AD86-42746F765736.jpeg

6F5ACC4B-03FA-44A6-93A8-9E789918AB24.jpeg

ティアラも冠せてあげました。
B4FB5F77-9EA6-4539-BE56-0739C1570EA0.jpeg

プリザーブドフラワーのブーケも、お供えしました。
石鹸の良い香りがします。
786EAB5B-6F2A-4EEF-8662-C85495B97E04.jpeg

自分用に購入たストームグラス(中身の結晶の様子によってお天気が分かるらしい)も
綺麗なので、ミモザにプレゼント。(薄暗いお部屋で撮影したのであまり良く写りませんが‥‥)

6BC6EC0E-3FCA-419A-8FF8-BD4419CC76F2.jpeg



結果‥‥


花々とお供物に埋もれるミモちゃんでした‥。

2A26130E-9F77-456A-BADD-83A8E6D61995.jpeg

8D384564-8A1B-488B-9C60-BE705F6B8102.jpeg


ミモちゃん、とってもミモちゃんに会いたいよ。
カァチャン、とても寂しいです。
7D8DB360-6E99-449E-BAB4-4C0CCA52D487.png


posted by caleta at 00:43| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月02日

7日経ちました

ミモザが旅立って1週間が経ちました。今日は、ももママさんが
「ミモちゃんの初七日にお供えしてあげてね」と、新鮮な生牧草を送って下さいました。
どうもありがとうございました。
早速お供えしました。きっとニコニコしながら
美味しそうに沢山食べたと思います。
良かったねぇ、みもちゃん。

殆ど食事が取れなくなった時にも、可愛いお顔で一生懸命、生牧草を
ムシャムシャ食べていたミモザを思い出すと、なぜかもう何年も昔のことのように
思ってしまいます。ほんの少し前までいつも私のそばに居たのに。

FCC047F3-55C4-4E32-B2F4-386FACC2A0D7.jpeg
もふもふもるさんのお花は、信じられないほど綺麗な
状態で咲き続けています。色も相変わらず鮮やかです。
一度、オアシスを綺麗に洗って
萎んでしまったスイートピーだけを摘んで、できた隙間に他のお花を
差しなおしたりしてお手入れしました。そして毎朝お水を少し足しています。


EAF4EC00-84FA-4BF4-B30C-3EBE24CE88EF.jpeg

私は、ミモザのお花いっぱいのバスケットをお供えしました。


AF993FF6-D431-4CCB-B45C-B87464EAAE13.jpeg




もうこの世界のどこを探しても
あの愛くるしい姿を見つけることは出来ません。

いつも涙で目が潤んでいて、感情が豊かで、賢くて人間語が解って、
思いやり深い、ほんわか温かいミモちゃんが
今も愛おしくて愛おしくて、たまりません。

優しい丸いお目目、フサフサの可愛い前髪とお皿、オレンジブラウンの美しい毛、
ちょっぴり長い耳の毛、ハート形のピンクのお鼻、ちょっと下手くそなお水の飲み方、
恥ずかしそうな笑顔‥‥

あなたの存在が私の心の殆ど全てのスペースを占めていました。
気がつけば、私の生きる支え、私の人生、
生きる喜び、生きる目的になっていました。そんなあなたを失った今、
大切な全てのものがもぎ取られて消えてしまったように感じます。

喪失感が大きく、仕事中も気がつくと無になっていて
手が止まっていて困ります。
パソコンがスタンバイ状態になるように
私もスタンバイ状態になってしまうのです。

きっと

本能的に身を守るスイッチが働いて
無になって「悲しむ」ことをさせないようにしているのでしょう。
悲しむと心がボロボロになってしまうことを
経験して知っているからでしょう。


IMG_5452.JPG
IMG_5202.jpg
unnamed.jpg
IMG_0514.JPG
02E01156-69C1-434C-9F43-55D2B72600AC-244-000000060504E236.jpg
IMG_0418.JPG
posted by caleta at 22:48| 東京 🌁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月28日

皆様、ミモザを可愛がってくださってありがとう

ミモちゃんがあっさりと旅立っていってしまったので

かぁちゃんも、その流れでいろんなことを粛々と、淡々と進めています・・・。


胸には大きな空洞が空いているみたいで、ものすごく寂しくて

時折涙を流していますが

あっちには先に大変頼りになる(むしろかぁちゃんよりもずっと)ねえさまたちが

待ち受けていて、可愛い妹ミモザの到着を大喜びで大歓迎してくれていると思うと

全然、辛くないんです。あっちであの二人に大切にされ愛されて守られている、と思うと、

こっちにいるよりはるかに安心・安全というか。

ミモザの笑顔が目に浮かぶんです。大好きねぇさまに再会できて

目をキラキラしてニコニコしてる笑顔が。だからそんなに辛くないよ。

かあちゃんは安心して仕事に専念するよ。だから、

かぁちゃんがそっちへ引っ越すまで、幸せに楽しく待っていてね。


今日は、モル友達の檸檬ママさんからお供えの可愛いキャンドルを、そして

もふもふもるさんから、可愛いお花を頂きました(*'ω'*)

どちらも、ミモちゃんにピッタリの可愛い品々で

本当にありがとうございました!!



檸檬ママさんのキャンドルは、可愛いお花たち。

もったいなくてかぁちゃんはまだ火をつけられん(笑)

ミモちゃんが「かぁちゃん早く火をつけて見せてよぅ!」と言っているので、明日

火をつけようか、みもちゃん?

DSCN6262.JPG


こちらはもふもふモルさんから頂戴したお花。

紫をメインとした可愛らしいお花です。

メッセージカードに、また涙が流れました・・・。

なんと中央のお花が紫色のバラ!

見た瞬間、思わず「紫のバラの人からだわ!!」と叫んで一人、

ガラスの仮面ごっこをしてしまいました(笑)

ほんとに素敵なお花です・・・。
DSCN6271.JPGDSCN6266.JPG


そういえば、昔、『カイロの紫のバラ』という映画があって

何度も何度もみたっけ。綺麗でファンタジックでどこか悲しくて・・・。またあの映画を

見たいなぁ、とふとそう思いました。


こちらは、みもちゃんコーナー。

こんな祭壇が出来ています(*´ω`*)

檸檬ママさんからのキャンドル、もふもふモルさんからのお花、のほかにも

タケノコやゼンマイなど春のモチーフをかたどったレアな落雁(これもすごく可愛いの)、

スヌーピーのカップケーキ型キャンドル(チョコレートの香りがする)をお供えしました。


それから、ミモザの大好きだったものを並べています。

ミモちゃんが最後、大好物だったビオフェルミン(人間用)。これは具合が悪くても

絶対にポリポリかじるほど好きでした。同じく、いろはす「さくらんぼ味」のお水。

何も食べられず飲めなくなってからも、唯一、このさくらんぼ水だけは力強く

チューチュー飲みました(笑)シリンジで6回ぐらいおかわりして飲むんです。

あまりにも目を見開いて夢中でチューチュー飲むので思わず笑ってしまうほど。

とっても気に入ったみたいなので、これからもずっとお供えしようと思います。

オレンジ色のヒーターもミモちゃんの愛用品でした。いつもこのヒーターの下に

アタマをつっこんで、可愛いお皿を温めていました。「みもちゃん、お皿じゃなくて

お尻をあっためたほうがいいのよ」って言ってるのに「いいの、お皿でいいの。」と

答えるミモちゃんでした。ミモちゃんの遺骨のアタマに飾っているのは

みもちゃんをイメージした数珠(シトリンがメインです)と、

バンブルビージャスパー(天然石)の髪飾り。バンブルビージャスパーは、

昔、エクリプスという名称でよく見かけましたが

最近は映画『トランスフォーマー』に出てくるバンブルビーのカラーリングをイメージして

バンブルビージャスパーっていう名称で流通しているみたいです。Happyなイエローカラーが

ミモちゃんに似合うのでミモちゃんにあげることにしました。

DSCN6273.JPGDSCN6284.JPG


ミモザは亡くなる10日前に歩けなくなってしまったけど、

それからも元気な時は一生懸命食べてくれたりして

最後の最後まで可愛いお顔をしていてくれたんです。

亡くなる直前の数日間に撮影したみもちゃんを最後に

見てやってください・・・。


具合が悪いのに、一生懸命食べるミモちゃんのカメラ目線。

DSCN6215.JPG
DSCN6232-2.JPG
DSCN6200-2.JPG


歩けなくなったミモちゃんの後足は、広がってしまい、そのまま固定してしまったみたいで
閉じようとすると「かぁちゃん痛いよう!」って言われてしまいました。ちょっと大胆に足を
広げていますけど・・・。

体の割にホッソ〜いあんよ(笑)
DSCN6234.JPG

なんか、ぴーなつ最中のキャラクターみたいだねミモちゃん・・・。
2015pman.jpg



相変わらずかわいいお尻に悶絶(笑)
DSCN6235.JPG

DSCN6243.JPG

普段はわからなかったけど、実は伸ばしたらこんなに足が長〜いスタイル抜群のミモちゃんなのでした。

DSCN6246.JPG

これからも、しばらくはみもちゃんを思い出して少しづつブログを更新しようと思います・・・。

みもちゃん記事が続くと思いますが、どうかご容赦くださいませ。
posted by caleta at 23:38| 東京 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月26日

ミモザが息を引き取りました


皆さま
可愛いミモザが今本日、11:37ぐらいに
静かに息を引き取りました。


ずっと私の胸の上に居ました。


こんなに愛らしい天使がもうこの世に居ないなんて
とても信じられないです。

ご報告のみ

失礼します。


皆さんの優しいコメントにも全然お返事出来ておらず

申し訳ありません。



胸が痛くて涙が止まらない、
今はそれだけです。




posted by caleta at 13:27| 東京 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月20日

ミモザがまだ生きてるでしょうが!!

ミモザが歩けなくなり、ご飯もあまり食べられなくなってしまい、
一日中、同じ場所でじっとしているようになったのを見て
情緒不安定で不眠が悪化したかぁちゃんです。

リモートワーク中にハラハラ涙が流れたり、
夜中に突然、起き上がって泣いたりして。

でも

ミモザがまだ生きてるでしょうが!!

そんなふうに錯乱するには、まだ早いんじゃない?
しっかりしなくちゃ、と自分に喝を入れ
ようやく自分を取り戻しつつ
なんとか、いま自分がミモザにやってあげられることはないか
考えられるようにわずかに心の余裕が生まれたので

まずは、強制給餌に必要なシリンジや
草食動物の強制給餌に混ぜる栄養粉、
弱っている子になめさせる液体栄養剤などを購入しました。
そして、野菜はいつもの倍ストックして
一日に何度もあげることにしました。
レタス、きゅうり、トマトなどは水分多いので
いつでもミモザの届く場所に置いておきます。

そして、病院に行って、
栄養剤を皮下注射してもらいました。
点滴の代わりですね。
(ついでに爪切りも)
食用増進の薬ももらいました。

ミモザの人生の中で、
注射は初めて。
お尻に刺した瞬間、かすれた声で叫びました。
痛かったねミモちゃん(>_<)でもお尻を触られて、
嫌がってもじもじ暴れたり、
爪切りでおててを引っ込めるミモちゃんを見ていると
かぁちゃんは嬉しくなった。
ミモザがまだ元気で生きてる、と思って。

注射を受けて帰宅後、
食欲が湧いたのか、数日ぶりに
牧草を自分でバリバリ音を立てて食べました。
そんなに量は食べないけど、
水分補給のために置いてあるトマトもかじりました。


寝たきりなので、2,3時間おきに移動させ
ペットシーツを交換しますが、おなか側は
オシッコでドロドロになってしまいます。
1日に1回、お腹周りとお尻周りを洗ってあげています。
洗ってもすぐ汚れるけど、それでいいんだよ、ミモちゃん!
どんどん汚れるのは生きてる証拠だ。


かぁちゃんがつきっきりでお世話できるので
リモートワークってほんとに最高。

2時間おきに起きてしまう不眠症のかぁちゃんなので
それが幸いし、夜中もこまめにお世話できるのでこれも
考えようによってはラッキー。


パン子があちらへ引っ越した日、
危篤状態のパン子を家に残して仕事に出かけなくてはならず、
職場ではいつものようにふるまい笑顔で頑張り、
深夜に帰宅し冷たくなったパン子を見つけたことを
思い出した・・・。その傍らには若かりし頃のミモザが
目に涙をためてうつむいて座っていたんだっけ。
あんな辛い目にもう二度と会いたくない。


そういえば・・・


今日、タクシーで病院に行ったのですがバス停の
古い大きな桜の木に、桜が綺麗に咲いていました。
もうこんなに・・・。
ココア姐があちらへ引っ越ししたのは4月9日でしたが
あの桜がもう満開を過ぎ、ハラハラと花びらが風に舞い散って
いたことを思い出します。はかなく散る桜がまるで
ココアのように思えて、哀しくて哀しくて
桜の花びらと一緒に涙もハラハラ、とめどなく流れたことを
思い出し、胸が痛くなりました。


パン子も、ココア姐も、
ミモザのそばにずっとついていて、
見守ってくれているから、

ミモザ、もう少し頑張ってみようか?
posted by caleta at 19:38| 東京 ☁| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月17日

一夜明けて

ミモザは元気な時は頻繁に運動場に出て来てお散歩して、
ご飯を食べて、お水を飲み、カァチャンのリモート会議の時は近くに座って
見学したり、残業してると近寄って来て
「カァチャン、残業なの?何時までなの?」って話しかけて来ますが

今日はずっと横たわったまま、一度も出て来ませんでした。
いつもは、どこに座っていてもカァチャンにお顔をむけているのに
今日はハウスの奥に横たわって
一度も可愛いお顔を見せませんでした。

朝と夕方に掃除した時、自分でヨロヨロ立ち上がって
無理に牧草と野菜とペレットを食べて見せてくれたけど
ほんの僅かしか食べられないみたいです。お水も、一口か二口、
飲んでくれました。

それでも、まだ僅かに食欲があることが救いです。
ウンチも今のところはまだ、良い色形でしてくれています。

だけど

モル女子はみんな勝ち気で負けず嫌いで
弱音を吐かないので
無理してるんだな、と思います。

もう立ち上がるのにすごく時間がかかり
ヨロヨロして辛そうなので
「立たなくていいよ」というのだけど
「平気だもん」
と言って死ぬ気で立ち上がろうとします。
見ているのが苦しいですが、本人がそう言って頑張る以上、私は自力で立たせてあげようと思った。
それが「ミモザの生きてる証拠」
なんだね。


とにかく、立ち上がることがキツくてキツくて
たまらない様子です。

リモートワークしながら1日に何度も何度も
もう動いていないんじゃないかと思って、そっとミモザに触れて確認してしまいました。

その度に、少しだけ身体を動かして
「まだいるよ。」
って返事してくれるミモザがどんなに愛しくてたまらなかったことか。
アタマのお皿を少し動かしたり
足を少し動かしたりしてお返事してくれる
小さな尊い命が。

ミモザと一緒に生きてることがどんなに幸せなのか
今更のように思い知らされています。

カァチャンはいつもいつも
その幸せに気付くのが遅いんだ。
いつも後悔ばっかりなんだ。
本当にバカなカァチャンだね。


posted by caleta at 00:03| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月16日

ミモザが歩行困難になりました

昨晩、いつものように通年不眠症で眠れないかぁちゃんが
目が冴えてしまって、じっとミモペピの方を眺めていた時のことです。
(いったん眠るのですが1〜2時間ぐらいで起きてしまうのです)
就寝時はいつもココア姐ランプを灯して寝るので
薄暗いですが、ミモペピの姿はちゃんと見えます。

突然、目を見開いたようなミモちゃんが起き上がって
よろめくように運動場の隅っこへ突進していきました。

その表情が、走り方が
明らかに異様なので、思わず体を起こして
「ミモどうしたの?」と声をかけました。すると

今度はミモザは、私に1番近い場所
柵に設置してある水ボトルのところまで
ヨタヨタよろめいて足を引き摺るように駆け寄ってきました。
やはり、 目は大きく見開いたまま。
まるで恐怖に怯えているような表情なのです。
こんな表情のミモザは初めて見ました。

これは只事ではない。

というのがすぐに分かりました。



ミモザが明らかに怖がって動揺していることが
分かりました。


普段はほんわか、おっとりして穏やかで
大きな音にも動ずることのない落ち着いた子なのに。


ミモザが怖がっていたのは自分が
突然、歩けなくなってしまったことだと気がつきました。

両後足が上手く動かないようで
殆ど引きずるようにして前足の力だけで
這うようにして走り回っていたのです。

だから身体が左右に異常に


「カァチャン、大変よ!
足が動かないの!どうしましょう!」

ミモザが少しパニック状態で
運動場をよろめきながら走り回っていたのは、
その為だったのです。

ミモザはカァチャンのそばに
駆け寄ってきてそのまま
柵に沿うようにバタンと床に横になりました。

そんな行動をするのも初めてでした。

いつもはカァチャンに触られそうになると
ヒラリと逃げるミモザが
自ら、カァチャンのそばにやってきてなるたけ身体を
近づけようとしているんです。

怯えたように目を見開いているミモザに
私は絶句してまずどうすればいいか途方にくれてしまいました。

私も動揺していました。

だからとにかくミモザを安心させる為
ミモザの身体を掌で包むようにして何度も何度も撫でました。
触られるのが嫌いなはずなのに
じっとして、撫でられているミモザはよほど
怯えていたと思われます。


私はココア姐が亡くなる少し前の出来事を思い出していました。

ココアも、突然、両方の後足が動かなくなってしまったのです。
下半身が完全に麻痺してしまっているかのようでした。
気丈なココア姐は、まるでそんなこと気にしないかのように
前足の力だけで、下半身をズルズル引きずるようにして運動場を高速で
移動しました。あまりの衝撃的な姿に私はあの時もやはり絶句したのです。

どうして良いか全く分からなくて
ただオロオロして
「ココア、無理して動き回らなくていいんだよ!」
と話しかけるのが精一杯でした。
小動物は自分の弱みを見せないというけれど
ココアはとてもポジティブでいつも冗談を言っているような気丈な子だったので
「アタシ、全然元気よ!」という空元気アピールだったのでしょう。

ただし、不思議なことにココア姐の場合、
下半身が麻痺していたのは1日だけで
翌日から亡くなるその日まで
スタスタと歩き回ることができました。
その理由はよくわかりませんが、後足が動かなくなるのは
一過性の場合もあるらしい、としか言えません。


ミモザのように、突然歩けなくなることで
パニック状態になってしまう場合もある。
どんなに心細かったでしょうね。

私はずっとミモザを撫でながら
ココア姐の足も動かなくなったこと、自分自身が1番貧血の重症の時期に
トイレに行くのもゴミ捨てに行く為に立ち上がる事さえ命がけ、というぐらい
苦しくて立ち上がるのが辛かった事、呼吸困難と眩暈と吐き気との拷問に
苦しんだ時期の事を、話してあげていました。
ある夜は、自分の心音と心拍があまりにも弱くて
呼吸しているのに窒息しそうな苦しみに襲われ続け
「このまま眠ってしまったら(意識を失ったら)
自分はもう明日の朝、もう二度と目を覚ますことはないだろう」と
本能的に察知して、死に物狂いで夜が明けるまで
息も絶え絶えに起きていたことも、話してあげていました。

立ち上がることができない時、歩けない時、とても恐ろしいね、ミモちゃん。
でもカァチャンがずっとそばについていて守っていてあげるから
怖がらくていいんだよ。
歩けなくなったら、カァチャンが抱っこしてミモザを移動させてあげられるんだからね。
何も心配要らないよ。
パン子姉さんも、ココア姐さんも、コゲ兄(ミモザの実の兄、だが名前は分からない)も
ウリちゃんも(ミモザの実の妹、だが名前わからない)ペピもみんな
ミモザが大好きで、そばについて守っているんだから
怖がることはないんだよ。

カァチャンはミモザがとても大好き。大好きでたまらない。
ミモザはカァチャンの大切な大切なかけがえのない娘です。
絶対に誰にも渡さないし、ミモザを離さないよ。
だからもう怖がらないで安心していいんだよ。
柔らかくて、優しくて、天使のようなミモザ。

勝手にミモザはカァチャンのそばに
いつでもずっと居てくれるもの、と思っていたカァチャン。

でも

お別れの時は


段々と近づいて来ているようです。


カァチャンはこの愛らしい天使を失ってしまったら
もう生きていける自信がないけれど

それでも、その日は段々と近づいて来ているようです。
posted by caleta at 23:38| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月03日

ミモザ祭り

ミモザが満開‼️の今日この頃。
ミモちゃんの為に、ブログをミモザでいっぱいに
カスタマイズしました😊(携帯からだと見えないかもです。。)

ほんわかミモ婆ちゃんは、今日もとってもほんわか元気です。

ちなみに3月8日はミモザの日。
「国際女性デー」
ジェンダーレス、ダイバーシティと叫ぶ時代に
女性デーという名称の記念日には違和感を感じてしまいますが。

ミモちゃんの誕生日はちょうどそのひと月後ですが
勝手にミモちゃんの日気分でお祝いしよ。
ねぇミモちゃん💗

48A552B4-813A-4D7B-AF7B-648E50441118.jpeg
AA66118D-6D8A-4A1C-90FB-E813C6CEFB59.jpeg

E425407D-5781-4E16-8B9E-A5454ADD17E5.jpeg
F8151D85-D72A-4ADF-807B-8043FD63F794.jpeg
posted by caleta at 17:12| 東京 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月24日

あの、モルカーって

コレのことでしょ??(´・ω・`)
と、思い込んでいるカァチャン。
CD6B4C25-0F60-4C6E-8504-2A80A9309FD1.jpeg


※こちらの画像は海外サイトでだいぶ昔にお借りしましたので
出典詳細は不明です。写真の主様、お借りしますゴメンナサイ〜‼️

posted by caleta at 18:31| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。